図書館総合展で「そのオープンデータ、グッズにしていいですか?」 ー オープンデータ活用の疑問点 ー を開催します。(11/3)

2021年11月1日から30日までの期間にオンラインで開催される、第23回図書館総合展_ONLINE_plusのうち、11月3日にフォーラム「そのオープンデータ、グッズにしていいですか?」 ー オープンデータ活用の疑問点 ーを開催します。

公式サイトhttps://2020.libraryfair.jp/forum/2021/183
開催日時2021-11-03(水) 14:00 – 15:30
開催方法オンライン(ZOOM)ZoomのURLは前日までに公式サイトで公開
Live/録画公開Live+後日録画公開(予定)
想定対象どなたでも
事前申込不要
ハッシュタグ#図書館リデザイン
問い合わせ先うえだひろみ ueda.hiromi.archive7(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

そのオープンデータ、本当に使えますか?

2020年に、30年後の「図書館」(仮称)のあり方を検討する取り組みとして、有志が集まり始まった「図書館」(仮称)リ・デザイン会議。

オープンデータも会議の中で何度も取り上げられる話題の一つです。そのオープンデータの活用に注目した、アネックス企画として「そのオープンデータ、グッズにしていいですか?」を開催します。

グッズ+資料情報へのアクセス

Open Data Design Service(代表:うえだひろみ)では、オープンデータを活用したグッズを企画しています。単なる画像の活用ではでなく、グッズにQRコードを付与し、オープンデータをはじめとした資料情報へのアクセスを確保します。オープンデータ活用の入り口としてグッズを位置づける試みを行います。

本フォーラムでは、その活用の際に出てきた疑問点や問題点を、うえだが当事者・関係者の方々に直接お話をお伺いし、皆さまと共有する場としたいと思います。

第1回は、ColBase編として以下のお二方をお迎えして、ColBaseの活用についてお話をお伺いします。

  • 阿児 雄之氏(東京国立博物館情報管理室長/文化財活用センターデジタル資源担当室長)
  • 田良島 哲氏(東京国立博物館特任研究員)